DEF型の再振り/育成について Edit

DEF型とは? Edit

ステータスのDEF、装備の物理防御を上げ敵からの物理ダメージを減らすことが目的の型。

利点

  • 被ダメージが減ると回復アイテムの使用回数が減るため序盤は経済的。
  • 被ダメージが1以下になると敵の攻撃をブロックでき移動の妨げにならない。
  • 重鎧を装備できるのでDEFが確保しやすい。
  • Lv100以降の背中装備にはDEF特化したものも存在するため狩場さえ限定すればDEF型でも生きられる。
  • その狩場でブロックできるDEFさえ確保できればHPは飾りで済むためHP回復アイテムも不要になる。ステータスもSTAB,DEXに振り分けることもできる。
  • 突き型、斬り型はDEFに振り分ける初期ポイントが1のため上げやすい。

難点

  • 魔法攻撃は甘んじて受けるしかない。そのため、後半は不利。
  • クリティカル率はAGI依存なので発生しにくい。
  • シベリンはシールドを装備できないのでDEFの確保にも限界がある。
  • 物理攻撃をブロックしてもMP,SPも同時に攻撃してくる敵(ポーウン、クリセラなど)への対策に回復アイテムが必要になる。また、スタン攻撃をしてくる敵(参番隊徒士(銃)、バンテージヴァンプなど)は甘んじて受けるしかない。
  • 打撃系から棒系と変更され、高レベルでのDEF確保が難しくなる。

【武器】槍を装備するなら… Edit

初期タイプは突き型。
装備に必要な最低限のSTABと狩りに必要なDEF,DEXを確保。
重鎧は無銘のものを利用しDEXを稼ごう。「改」がついたものは命中が付いてないので使わなくてもいいが補正がいいもの(ほぼMAX品限定だが)だったらそちらを利用してステータスDEXを上げるのも1つの手。

【武器】棒を装備するなら… Edit

初期タイプは斬り型、物理複合型。
槍と違い装備条件がSTAB,HACKであることに注意。
武器の射程距離が槍よりも短い。
連突きがSTAB依存なので棒では威力を発揮しにくいが極端にダメージが下がるわけではないのでお間違いのないように。
防御、命中に関しては槍型と一緒。ステータスだけに頼らず装備でも確保すること。

序盤からLv28まで装備条件が実は厳しい。しかし棒自体の装備条件は槍に比べて緩やかな上がり方なのでLv35から楽になる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-02 (月) 14:16:30 (1988d)